採用に関するQ&A

応募から採用決定までの目安となる期間を教えてください?

 
個人差はありますが、大体1ヶ月〜1ヶ月半となります。当事務所では、第一次審査として書類審査を、第二次審査として面接審査を行っております。場合によっては面接審査を複数回受験していただく必要がありますので、上記の期間が応募から採用決定までの期間となります。採用までの流れをご覧ください

現在、別の税理士事務所又は一般の会社に勤めていますが、応募可能でしょうか?

 
可能です。現在お勤めである方もご応募いただけます。現在お勤めの方がご応募いただく場合は、応募書類に現在勤務している旨をご記入ください。面接の日程については、可能な限り応募者の都合に沿うようにご案内しております。

面接審査はどのようにおこなうのですか?

 
所長や幹部職員による面接形式となります。面接で質問をする内容については採用運営上、事前にお伝えすることはできませんが、基本的には書類審査での不明点や、書類では読み取ることができない応募者の考え方や将来の目標等についていくつか質問をさせていただきます。

研修制度が充実していると募集要項に記載がありました。どのような研修でしょうか?

 
座学でのOFF-JTと、実際に監査へ同行するOJTなどがメインとなります。座学については、巡回監査初心者〜上級者までそれぞれのレベルに応じた研修受講を奨励しております。初級者、中級者についてはTKCが毎月行う研修への参加がメインとなります。上級者や有資格者については、税理士会や公認会計士協会などが行うより専門的な研修への参加。また、職員各々が希望すれば人間力向上のための、宿泊を伴う研修への参加も可能です。(※業務に直結する研修であれば事務所が費用を全額負担しています)

現在、税理士資格取得に向けて勉強中ですが、仕事と勉強の両立は可能でしょうか?

 
可能です。実際に資格取得に向けて職員の内、現在3名が受験しております。当事務所では、個人のワークライフバランスを重視していることから、なるべく仕事を定時で終了させて、それ以降の時間は、家族や趣味、そして自己啓発活動に充てるよう推奨しています。そのため税理士資格取得のために勉強と仕事の両立がしやすい環境にあると思います。現在3名の職員が税理士資格取得に向けて励んでおりますので、情報交換を行いながら切磋琢磨して資格取得を目指せる環境となっております。また、試験前休暇も事前申請で問題なく取得可能です(試験前休暇、試験直前の1週間※2014年、2015年実績)
▲このページのトップに戻る