お問合せからご契約〜業務の流れ

『親切かつスピーディ』が私たちの提供している商品です


会計事務所や税理士事務所というと堅苦しくして相談しにくいという印象がありませんか。

 

当事務所では、従来の会計事務所にある暗い、堅苦しい、不親切、丁寧に説明しない、上から目線などのマイナスイメージを払拭し、お客様の立場に立って一生懸命頑張れる公認会計士と税理士が、お客様のご相談に丁寧に対応する体制を整えています。


当事務所の最大の特徴は、問題解決のスピードとサービスのきめ細やかさにあります。お客様は、経理業務の効率化や合理化、さらには正確な帳簿作成のためのみならず、会計、税務に関する問題が発生した場合に備えて顧問契約をされていらっしゃいます。
 当事務所では、お客様の問題をその場で解決することが会計事務所のベストサービスであるとの考えから、担当者に経験豊富な有資格者を配置することで、お客様満足度の向上を図っています。

 

当事務所では巡回監査業務を基本業務としています。毎月一回ははお客様の会社を訪問し、前月分の帳簿書類を確認させていただくとともに、月次決算を行い、それを基にした業績分析データの提供を行うことで、お客様毎の業績を踏まえたタイムリーな節税アドバイスや資金繰りアドバイス、さらには、期末業績予測などの経営支援サービスを行っております。

 

〜丁寧でわかりやすい説明と、相談しやすい環境づくり〜

 

応接室.jpg

当事務所では、お客様のお話をお客様の立場にたって、丁寧でお伺いし、お客様の実情に合わせた具体的な対策を立てた上で、その内容をわかりやすい言葉でご説明することを心掛けています。

 また、お客様にとってプライベートな事柄である相続税対策や事業承継対策について相談しやすい環境を作るため、当事務所では、プライベートな環境が保てるお客様相談専用の応接室を用意しております。





当事務所サービス内容.png

 

月次巡回監査.png

適法でより正確な経理体制を一緒に構築しませんか?

 当事務所では、巡回監査を基本業務としています。

「巡回監査」とは、お客様企業を毎月訪問して、日々の取引が適時かつ正確に記帳されているかどうかをチェックし、仕訳データ等に間違いなどがあればその場で指摘し修正してもらうなどのサポートを通じて、より精度の高い「月次決算」を実現することです。また、巡回監査によって、貴社の経理体制をより強化し、その本来の力を引き出すことを目指します。

 貴社の会計データは、TKC情報センターに備蓄され、期末には「決算書」と、その事業年度において月次決算がいつ行われたのかを示す「データ実績証明書」が発行されます。このデータ処理実績証明書は、会計データの遡及的な追加・修正・削除の処理が一切行われてないことを、第三者機関が証明する書類として、金融機関等から高く評価されています。

 今や決算書の品質によって、企業の信頼性が測られる時代となりました。当事務所は巡回監査を通じて、貴社の「真正な決算書」づくりを全力で支援いたします。

 

 

自計化支援.png

最新の業績を瞬時につかめるようにしませんか?

自社の現在までの売上はいくらか、利益はどの程度出ているのか、資金繰りはどうか‥‥。このような業績情報をいち早く把握するためには、自計化が不可欠となります。「自計化」とは、自社計算すなわち企業が日々の取引記録を残し自ら財務計算することです。

  当事務所の財務会計ソフトはFX2(戦略財務情報システム)を前提としています。FX2は、経営に直接役立つ次のような機能で、社長を強力にサポートします。

 

  @会社の最新業績をつかめます。

  A経営改善のヒントを提供します。

  B「問題点発見」と「原因究明」が可能です。

  C当期決算(着地点)の先行き管理ができます。

  D部門別業績管理体制の構築とPDCAサイクルの定着が図れます。

  E経理業務の合理化により、「迅速」かつ「正確」な月次決算を支援します。

  F「法令遵守(コンプライアンス)」と「内部牽制」に貢献します。

 

 

経営計画の作成支援.png

会社の方向性やビジョンを明確にしませんか?

 経営者が夢を実現し、会社を存続・発展させるには、環境の変化に応じて、人、物、金、情報等の経営資源を、より有利な方向に集中しなければりません。そして、そのためには、自社の進むべき方向性を明らかにし、経営計画を立て、社内の意思統一を図ることが必要になってきます。

 「TKC継続MASシステム」は、経営者に「5つの質問」に答えていただくところからスタートし、時期の経営基本方針を明確にして目標を達成するための計画を、経営者や経営幹部と一緒に検討する経営企画策定ツールです。

 継続MASシステムを活用することにより、経営戦略に基づく3〜5年の中期経営計画と、それに基づく次期利益計画等を作成することが可能となります。

 その実行段階では、DCAサイクル(「P(計画を立てる)」⇒「D(実行する)」⇒「C(検証する)」⇒「A(対策を練る)」の流れで計画を定着させることができるので、まさに最強の経営ツールといえます。

 この継続MASシステムを活用して、会社の方向性やビジョンを明確にしていきましょう。

 

 

適切な決算・申告の支援.png

正しい決算・申告書で、税務署や金融機関の信頼を高めませんか?

 中小企業にも、コンプライアンス(法令・規範の遵守)を重視した経営が求められています。そこで、正しい記帳や月次決算を通じて作成された正しい決算書が、いざというときに企業を守る大切な資料としてその重要性を増しています。 

 当事務所では、書面添付制度によって、貴社の適正な申告をサポートします。書面添付制度とは、税理士法第33条の2第1項に基づき、納税者から委嘱された税理士が税務申告書の作成に際し、計算や整理を行い、また相談に応じた事項を明らかにした書面を添付する制度です。その目的は、税務申告書の作成過程において、税理士が租税法規に従い、独立した公正な立場において高度の注意義務を果たしたことを明らかにするものです。

 平成14年(2002年)の改正税理士法では、書面添付の申告書を提出した税理士には、税務調査通知前に意見を述べる機会が付与される制度の拡充が図られました。本制度は、企業の決算書と税務申告書の信頼度を証明するものとして、税務当局だけだはなく金融機関にも大いに注目されています。

 

≪ご契約までの流れ≫

 

 お問い合わせ

        24時間受付可能な≪お問合せフォーム≫またはお電話にてご連絡ください。

        電話番号:0120-437-409(平日9時から17時)

        お電話の場合は、「ホームページを見ました」とお伝えください。

 

 

打ち合わせ日の調整

        早ければ、当日中にお返事致します。

        万が一、2日たってもご連絡がない場合は、何らかの事情で連絡が届いていない

        可能性があると考えられます。

        大変お手数ですが、再度お問合せ頂きますようお願いいたします。

 

 

 無料相談(初回無料)

        打ち合わせ日、当日に初回ご相談を行います。(1時間程度)

        相談内容によってはご用意していただく資料等があります。

        その際は事前にご連絡いたします。

        なお、内容によっては無料相談での回答ができない場合もございます。

 

 

ご検討ください

 

        ご相談の結果、ご希望にそぐわなければお断り頂いてかまいません。

        ご検討いただき、ご相談内容の業務を依頼いただける場合は、ご連絡ください。

 

 

 ご契約

 

        必要書類に署名・捺印を頂きご契約成立となります。

〜ご相談内容によってご契約後の流れが異なる場合がございます〜

 

 

初回相談無料でお受けいたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

    ▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼     

TEL : 0120-437-409

受付時間 : 9:00〜17:00(月〜金)

→ 24時間受付中 お問合せフォームはこちらへ

 


月次顧問報酬(料金)のご案内 ≫≫

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る