StepC 家族信託を活用して自社株を贈与する

Q 現在、自社株式の評価額が低いため、このタイミングで自社株式を長男へ生前贈与したいのですが、会社の経営権まで与えるのは早いと考えています。何か良い方法はないでしょうか。

 

A 一般社団法人を受託者として自社株式を信託します。そのうえで、受益権は後継者である長男へ付与し、議決権指図権は父親が継続して保有、受益権を複数年にわたって暦年贈与、若しくは相続時精算課税によって全て贈与します。これによって、自社株式の経済的価値だけ長男に移すことができるので、自社株式の評価額が低いタイミングで贈与すれば、贈与税の課税価額は低い評価額となり、その分贈与税の税負担を軽くすることができます。

なお、議決権行使の指図権を父親が継続保有するので、今後長男が経験を積んで社長交代の時期まで父親が会社経営権を所有しておくこととなります。将来長男へ移転する議決権指図権の評価額はゼロですので、その移転時に贈与税は課されません。

 

NL2016.03-C.png

 



▲このページのトップに戻る