顧問先支援バナー.jpg  

  税理士事務所に求められる役割は多岐多様にありますが、当事務所が担う役割は、経営の参謀役として企業経営の強力な支援者になることだと考えております。

  経営者の中には、現在の税理士が相談しずらい、また会計帳簿の確認作業だけに終始して特に何のアドバイスや支援もない、担当者がコロコロ変わる等の状況から不満を感じていらっしゃる方も少なくありません。しかし、会計事務所とは長年の付き合いがあったり、また他との比較対象が容易でないとの理由からそのまま惰性的に顧問契約を継続されているケースがあります。

  当事務所では、経営の参謀役として経営者と会社の支援を行うべく顧問契約のお客様に対して以下のようなサービスをおこなっております。税理士事務所を選ぶ又は変更する際の判断材料としてご覧ください。

顧問契約サービス体制2.jpg

経営計画策定支援

企業の発展と従業員の成長のツールとして有効な中期経営計画及び単年度の経営計画作成の支援を行いますので、将来の着地点の予測や、計画に基づいた事業戦略をたてることが可能となります。

                   誘導bana- .png

 

資金調達及び運用に係る支援

貴社の経営状況に合わせた最適な資金調達及び資金運用に係るアドバイス及び支援を行います。

 

会計及び節税に関するアドバイス

日常の仕訳処理から、経営戦略に係る重要な意思決定までの各局面における会計業務に適切なアドバイスを行うことはもちろん、節税に関しても積極的にアドバイスを行います。

 

月次巡回監査と月次経営分析

毎月、各社を訪問し、迅速かつ正確な月次決算を実施するように、アドバイスを行います。毎月原則として10日頃までに、前月決算を確定させることを目標とします。

月次決算確定後1週間以内に、前月の経営実績を分析した資料をお渡しいたします。ただし、TKC所定の会計ソフト(FXシリーズ)をご利用いただくことが条件となります。

 

年次決算及び確定申告支援

年次決算及び法人税、消費税、地方税及び償却資産に係る確定申告を行います。

 

  さらに、当事務所では事業承継と相続を得意分野としている関係から、ご要望に応じて会社の事業承継事前対策やオーナーの相続に対する節税策を講じることも可能です。

  また、会計税務顧問契約とは異なる形で事業承継対策のみをご希望のお客様については、セカンドオピニオンサービスも展開しておりますので、ご参考ください。

▲このページのトップに戻る